歯科の会計がはかどる|レセコンを導入するメリット

PCを操作する人

機器の導入で効率よい診療

歯科診療を滞らせる一因が、古いタイプのレセコンです。このようなレセコンは、機能性の問題から、診療に伴う待ち時間などを遅らせる可能性があります。新しいタイプのレセコンを導入することが、一つの解決法です。

歯

医療を支えるコンピュータ

病院や歯科医院内の事務業務はレセプトコンピューターに任せましょう。レセコンは、報酬明細書の算出からカルテや投薬管理、診察料金の算出など、院内の様々な業務を行うのに役立ちます。定期的にメンテナンスを行い、バックアップを取っておくと安心です。

デンタル医院の会計補助に

歯科医

医療事務のサポート役

日本のデンタルクリニックでは、歯科レセコン導入をしている医院が増加をしていますし、快適な利用に手応えを感じる医院は多くあります。今から導入を検討しているデンタルクリニックでは、施術の種類に具体的な施術内容など、利用に関して興味が高いです。国内に出回っている歯科レセコンのシステム設計に関しては、なにかの意図となるものがありますが、それはデンタルクリニックの内部的なことにも関わります。つまり歯科レセコンはデンタルクリニックにおける、会計に関わること、そして医療事務に深く関わるためです。有能なソフトウェアのポジションを確立しているのが歯科レセコンであり、デンタルクリニックの会計と医療事務におけるニーズに応えてくれます。コンピューターのなかった時代には、保険請求算定ミスや保険請求のルールには、ヒューマンミスがつきものでしたが、有能なソフトウェアではそのミスがありません。もはやパーフェクトに計算をこなしますので、高性能にデンタルクリニックの会計ミスも防いで、スムーズな会計を行うことが可能です。デンタルクリニックを利用する患者に対しても、スムーズな対応をすることができるのは、会計での領収証を発行できることです。さらには診療の明細書も、同様に手間なく発行をすることができるので、患者さんを長時間待たせるようなこともありません。手書きでは字があまり上手ではない人だと、数字や文字も読みにくいですが、こうしたシステム利用で印字がされるので、誰が発行をしても問題なく記載ができます。

治療

非常に有用な理由

数多くの医院では、診療報酬の明細書を作る際に使用するコンピュータをレセプトコンピュータと呼んでいます。そして、その略称がレセコンなどのです。レセコンは、主に歯科に導入されており、ネットも利用することが可能です。現在では、レセコンシステムを提供する会社もあり、十分なサポートを受けることもできます。