歯科の会計がはかどる|レセコンを導入するメリット

非常に有用な理由

治療

オススメである理由

レセコンとは、レセプトコンピュータの略称です。この「レセプト」とは、診療報酬明細書を作成するコンピュータのことです。明細書の作成には専門知識が必要なうえ、計算が複雑なため、1970年代初頭からレセコンは歯科に普及していきました。現在では、インターネットを利用した完全電子請求を、厚生労働省が開始しています。ですので、レセコンの有用性は非常に高くなっています。またいくつかのレセコンは、ネット環境があればどこでも利用できるようになっています。またレセコンシステムを提供する会社によっては、予約システムと連動させられたり、サポートが非常に充実していて、トラブル時にすぐ対応してくれたりします。昔はサーバーパソコンが必要で、場所を多くとりましたが、現在では薄型のノートパソコンとプリンターさえあればいいので、狭い歯科医院でも有効活用できるようになっています。また、入力も現在では格段にやりやすくなり、レセコンシステムによっては、使いやすいようにカスタマイズすることも可能です。まただいたいのレセコンが、数か月もあれば簡単に入力が行えるようになっています。さらに現在のレセコンのメリットは、訪問先でもデータを打ち込めることにもあります。ネット環境さえあれば使用可能なレセコンは、そのためどの歯科でも非常に有用がられています。最後にこのレセコンの歯科での主な機能をまとめると、保険請求のレセプトを作成する、診療内容の記載、料金の計算、処方箋・領収書の発行と多岐にわたります。